タクト工芸の仕事

タクト工芸の仕事

WORKS

信頼をつく作るお客様との打ち合わせ

信頼を作るお客様との打ち合わせ

看板製作についてのご依頼やご相談があれば、「どのような看板をご希望されているのか」などお客様のご要望を詳しくヒアリングし、打ち合わせを行います。
立地条件や周辺環境の下見・調査も欠かせない仕事の1つです。
打ち合わせを重ねながらお客様との関係性を作っていくことが幅広いご提案や仕事の面白さにつながります。

ゼロからつく作る看板製作

ゼロからつく作る看板製作

打ち合わせで看板のデザインが決定したら、次はいよいよ看板クリエイターとしての腕の見せ所!看板製作へと取り掛かります。
主な看板製作の作業には、貼り付ける板(アルミ樹脂複合板)のやすりがけ、シートのカッティング作業、完成した製作物の梱包作業、現場施工時の簡単なレイアウト作業(PC作業)、LEDなど配線の取り付けなどがあり、会社の作業場で製作を開始します。

醍醐味ある現場での施工

醍醐味ある現場での施工

看板が完成したら次は現場での取り付けです。現場の施工では溶接の技術や電気関係、塗装など幅広い技術や経験が必要です。
ただ取り付けるだけではなく、自ら製作した看板をより魅力的に見せるため、持っている経験や技術、そして感性を活かして施工します。製作から現場施工まで看板製作は「ものづくり」の面白さがたくさん詰まった醍醐味がある仕事です。

アフターフォロー

アフターフォロー

社名、ブランド名、店名など幅広く活用される看板はお客様にとって大切なプロモーションツールです。
タクト工芸では、看板を取り付けたらそれで終了ではなく、新たな看板のご提案やリニューアル、修理など様々な角度からお客様の商売繁盛のためにフォローを行っています。
そうやってお客様と信頼関係を築いていくことが看板屋さんとして、また、看板クリエイターとしての大切な役割です。